看護への想い

虹色に輝け!看護への想い

三重県岡波看護専門学校のホームページへようこそ!

楽しい看護が生まれる環境

伊賀流忍者や松尾芭蕉ゆかりの地、豊かな自然に恵まれた三重県伊賀市にある看護専門学校。大阪・奈良と隣接した好立地で、明治39年より伝統を守りながら地域に密着した看護教育を実践してきました。 4月には、校舎西側の満開の桜が新入生をお迎えします。玄関わきには、紅白のハナミズキが色鮮やかに咲き誇り、木々に訪れる鳥たちのさえずりが静かに響く…豊かな自然が学生たちを見守っています。 1学年1クラス、20名の少人数制。先生と生徒・先輩後輩の距離が近く、アットホームな雰囲気が魅力で、困ったことがあると気軽に相談できます。一部の生徒は学校内の空き地(中庭)を利用して、野菜やお花を栽培中。感性を磨きながら、看護に役立つ豊かな心が自然と育まれる環境です。

楽しい看護が生まれる環境1 楽しい看護が生まれる環境2 楽しい看護が生まれる環境3

充実した最新設備

病院と同じ設備を持つ広い実習室、在宅看護の実習室、1人1台パソコンが与えられている情報処理室、看護の文献・雑誌・問題集がそろった図書室…看護の学習に集中できる施設が充実しています。
実習では、最新の設備で現場をシミュレーション。コンピュータに病名を打ち込むと、その病気にかかった状態になる人形、実際の育児が体験できる赤ちゃん人形…コンピュータ内臓のリアルなモデル人形がそろっています。最新設備を使い、納得するまで練習を繰り返すことで、実践に則した技術を身に付けることができます。
その他、施設の詳しい内容は施設紹介ページをご覧ください。

充実した最新設備1 充実した最新設備2 充実した最新設備3

岡波総合病院との連携体制

本校は岡波総合病院を母体とし、病院の敷地内に併設されています。隣の病院でほとんどの看護学実習を受けることができ、卒業後は同院への就職が可能。
就職後も、本校の実習室や設備を使って実技の練習をしたり、教員への相談や在校生との交流…学校とのつながりを大切にしながらスキルアップできる環境です。
また、岡波総合病院の医師や看護師による講義もあります。身近で現場体験をしながら、人間が持つ回復の力を引きだす看護を学べることがメリット。「看護師になりたい」という夢を、最短でかなえる学習環境が整っています。

岡波総合病院との連携体制

豊かな心を持つ看護師の育成

近代看護の創始者であるナイチンゲール理論を基盤にした薄井担子先生の科学的看護論を導入。「看護の視点からの病気の捉え方、その癒しへの過程で看護はどういった方向から働きかけるのか…そしてこの癒しを助けるための援助技術」についての看護教育を行っています。
時にやさしく、時にきびしく…講義、課題、テスト、実習で忙しい3年間ですが、充実した学生生活を送ることができます。社会医療法人畿内会岡波看護専門学校の3年間で、「どんな看護師になりたいか」…それぞれ目指す看護師像を描きながら、広く地域社会に貢献できる能力を養います。

  • 虹色に輝け!看護への想い
  • 学校生活を紹介/1日の様子
  • 体験入学のご案内
  • 受験者のみなさまへ入試情報
  • 充実の最新設備/施設紹介
  • よくある質問/Answer a Question
  • アクセス/Access
  • 岡波総合病院 ◆社会医療法人畿内会 岡波総合病院 併設

page topへ