ニュース
12345
2019.03.22 国家試験の発表がありました!おめでとう!
 本日、第108回看護師国家試験の合格発表がありました。皆様のご支援に感謝申し上げます。
 昼から数名の卒業生が登校し、発表の時間までドキドキしながら過ごしていました。
 発表時間となり、本校の情報処理室にて、パソコンの場面に受験番号が表示され、クラスメイト全員の受験番号を確認しました。すぐに歓声が上がり、みんなで喜び合い、中には涙する学生もいました。

 26回生の皆さん、本当によく頑張りましたね!これまで学んできた時間は、きっと一生の財産になることでしょう。中には、辛かったことや悲しかったこともありましたね。でも決してその時間も無駄にはなりません。共に看護の楽しさや素晴らしさを学んできた仲間を大切に、これからも看護を学び続けてくださいね。
 先生たちは、いつでも皆さんを見守っています。また顔を見せにきてね。合格おめでとう!


2019.03.15 26回生 卒業 おめでとう!!

201938日(金)26回生(3年生)19名の卒業式が岡波総合病院の講堂にて挙行されました。

来賓の皆様におかれましては、何かとご多用の中ご臨席を賜りまして誠にありがとうございました。今後ともご支援ご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。また、ご家族、保護者の皆様、誠におめでとうございます。長きにわたり、学生たちを支え激励して頂き、ありがとうございました。実習でご協力頂いた患者様やご家族、関係施設の方々、大変お世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。

入学時は期待と希望に胸を膨らませたけれど、看護の道は険しく、涙なしでは乗り切れませんでした。紆余曲折あり、切磋琢磨し合った仲間達とともに、大きく成長でき3年間の学びを見事に修めました。本校を巣立ち、4月より看護師として大きく未来へ羽ばたいていきます。

 本校で学んだ「人間としての愛」の精神を胸に、それぞれが目指す看護師像へ近づける活躍を期待しています。卒業 おめでとう‼










2019.03.09 就業前看護技術演習
 2月27日に3年生は、看護師国家試験を終え、卒業する前に就業前看護技術演習を行いました。
この演習は、事例に基づく多重課題を学生3人〜4人でチームを作り時間内にクリアしていくという演習です。学生1名に教員1名が看護技術や対応を確認していきます。病棟の臨地実習指導者と1年生が患者役となり、事例に基づく迫真の演技をしてくれました。3年生は、緊張しながらもコミュニケーションを図りながら対応していました。
 演習後、臨地実習指導者から病棟で実際行っている技術や対応についてレクチャーを受けました。3年制は、就業前でもあるため、とても真剣な表情で聞いており、1年生も積極的に質問したりしていました。
 28日には、3年生が1年生に丁寧に指導し、全体で、事例ごとの発表会を行いました。1年生は、「3年生はとてもすごい」と話していました。
 3年生の皆さんが、看護学校で学んだ技術を活かし良い看護を提供してくれることを期待しています。1年生の皆さんは、3年次には自分たちも多重課題に対応できる力を養ってほしいと思います。



2019.03.05 26回生が看護師国家試験を受験しました!

2019217日に3年生が第108回看護師国家試験を桃山学院大学にて受験しました。

看護師国家試験までの3か月間は、3年間積み重ねてきた知識・技術・態度を振り返り受験勉強に励みました。看護師国家試験の当日、モチベーションを頂点に上げていくために身体面・精神面・社会面から生活を整えることは至難の業です。しかし、自身の生活を整えることは、看護に通じます。

試験直前は、円陣を組んでいざ出陣!といった気持ちで学生同士気合を入れました。送り出した3年生の後姿は感慨深く、試験合格に向けて全教員が「3年生、全員合格!」を祈り、パワーを送り続けました。そして3年生全員がこれまで頑張ってきた力を存分に発揮し、試験を終えることができました。。

結果は1か月後です。皆が最善を尽くしたので結果はついてくるでしょう。春からはいよいよ看護師として新たなスタートラインに立ちます。羽ばたけ!3年生‼


2019.02.25 1年生の園芸部だより!
 2月も半ばを過ぎ、ようやく春の足音が近づいてまいりました。
 本校の1年生が主となって植物を育てています。これは、看護に必要な感性を豊かにすることにつながっています。長い冬が終わろうとしているこの頃、ようやく芽を出し、元気に成長しております。まるで、本校の1年生の成長を見ているようです。自分たちで自主的に考え、園芸部だよりを作成し、クラス全体で情報を共有し、実りのある活動にしている様子がうかがえます。
 1年生は、基礎看護学実習T‐Aを終え、看護とは何かと自分たちで話し合い深めようとしています。今は、実習後の検討会に向けて、グループワークをしているところです。植物のように少しずつ、そして力強く成長する学生たちを、教員一同も見守ってきたいと思います。


2018.12.26 年末年始のご挨拶
 2018年も残すところあとわずかとなりました。
 本年も、本校の教育活動にご理解、ご協力を賜り誠にありがとうございました。心より感謝申し上げます。
 
 皆様はどのような1年だったでしょうか?振り返ると1年が経つのはあっという間でした。学生たちは冬期休暇に入り、学年各々の目標に向かって過ごしていることと思います。3年生は国家試験に向けて、2年生は領域別実習に向けて、1年生は基礎看護学実習に向けて、学習を計画的に進めて新年からも活気に満ちた表情を見せてくれると思います。
 さて、本校は下記の通り、年末年始の休業をさせていただきますので、ご了承のほどよろしくお願いします。
 
 休業期間:2018年12月29日〜1月3日
 1月4日より、平常通りの業務となります。
 
 来る年の皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。来年もどうぞ、よろしくお願い致します。


2018.12.08 3年生がケース・スタディの発表会を行いました!

   H30.11.29(木)に、3年生のケース・スタディ発表会を行いました。

ケース・スタディは、研究的に看護実践を振り返り、1人の患者を様々な角度から捉え、患者の持つ問題を追及し、解決していこうとする過程をまとめたものです。また発表することで、自分の看護観を養うことを目的としています。

3年生は、領域別実習の看護事例をもとに原稿をまとめました。夏期休暇前から取り組み、教員からの指導を何度も受け、多くの文献を用いて、看護について探求してきました。

発表当日は、さすが3年生、堂々たる姿でした。聴講していた下級生も、この機会に学びを得ようと真剣な様子でした。下級生からも質問が飛び交い、活発な発表会となりました。

実習や課題が多い中、仕上げた原稿は、涙なくしては語れない努力の賜物です。学生ならではの視点を活かした、最善を尽くした看護の成果が出ていました。本当によく頑張りました。

次のステップは卒業試験、そしていよいよ国家試験です。

努力は裏切りません。最終ステージです、あと一息!頑張れ!!応援しています。

2018.12.06 3年生が領域別実習を終了しました!

H30.11.22(木)に約8か月間に及ぶ領域別実習・統合実習が終了しました。

領域別実習の各臨地実習を終える度に、11つ階段をあがるように成長してきた3年生です。

統合実習では、看護体制や看護方式に基づいた看護を学び、看護学生自らのチームワーク、メンバーシップにも目を向けることが出来ました。

伝えないと伝わらない思いや、思うように伝えられないもどかしさを抱えながら、学生メンバーで、どうしたら患者さんに良い看護を提供できるかと日々試行錯誤していました。夜間実習も行われ、学生は「夜間の患者さんの様子や看護師の様子がよくわかった。」と話していました。

患者さんやご家族は元より、メンバー同士へも、相手を気遣う気持ちを持つということと、良い意味で“譲る”という大切さを知った実習は、まさに看護実習の集大成でした。

毎回、実習期間は緊張感を持って、患者さんの看護を実践するため、学びが多かった分、疲労もあったことでしょう。長期の臨地実習での学びによって、自分の目指したい看護が定まってきたのではないでしょうか。

そして12月からは2年生の領域別実習がスタートしました!看護を探求する学習の始まりです。先輩に続け‼


12345
  • 虹色に輝け!看護への想い
  • 学校生活を紹介/1日の様子
  • 体験入学のご案内
  • 受験者のみなさまへ入試情報
  • 充実の最新設備/施設紹介
  • よくある質問/Answer a Question
  • アクセス/Access
  • 岡波総合病院 ◆社会医療法人畿内会 岡波総合病院 併設

page topへ